箱の歴史

化粧箱は、明治初期にオリジナルの紙箱を売り始めたのが始まりだと言われています。明治になると西洋の型抜き機が輸入されて、本格的に製作されるようになっています。時代により箱のデザインも変わってきています。

Read more »

梱包といった面倒な作業を行なうために発送代行を依頼しておこう。様々な対策を進めてくれるのでとても便利なサービスです。

糊付けタイプ

化粧箱には糊付けされて、筒状になったタイプのものがあります。その中でもオーソドックスに製作されているのが、キャラメル型、地獄底、ワンタッチ底、スリーブ底という種類です。

Read more »


身近な箱

運送ドライバーの求人を紹介しているのがこちらのサイトです。軽貨物の運転が出来る方などは好待遇で迎えられるので、チェックしてみましょう。

化粧箱は多くのところで使われているものです。
化粧箱は「贈り物や商品等を入れるために装飾された箱」のことで、日常生活でよく目にするものです。
日常生活でよく使用されていますが、箱には多くのデザインや種類が製作されています。
なぜ化粧箱を使用するかというと、商品自体を保護する役割もありますが、商品の価値を上げていくために使っていきます。
見栄えのいい箱に入っていたことで、中の商品も素敵に見えるという効果があります。
商品の用途によっても形状や紙の厚さ、箱のデザイン等色々変わって製作されていきます。
何気なく目にしているラッピングですが、実はいろいろな意味があります。

化粧箱には多くの種類があります。
紙も上質のものを利用し、金色や銀色のものや、単純な形をしたシンプルなもの等様々です。
最近、表面処理を行っているものや、変わった形状の箱まで登場しているため、好きな形状を選ぶことができます。
中には紙ではなく、木やプラスチック等で製作されているものもあります。
また、お店に寄ってはオリジナルの化粧箱を製作し、商品を梱包しているところもあります。
自社で化粧箱を制作する場合、自社の商品であるというアピールをすることができます。
特に、変わった形状のものを販売している場合、市販ではなかなか合うものは見つけにくく、製作した方が早い場合があります。
箱を製作し、大量発注することにより、コストを抑えることができます。

化粧箱の中には、機械では作れないタイプのものもあることで知られています。
特殊な形状しているものや、形の大きいものが難しい場合があります。
また、昔から使われているものに貼り箱というものがあります。
箱の内側に和紙を貼ることで、きれいに仕上げていきます。多くの箱が製作されており、綺麗な箱がとても多いようです。
綺麗な化粧箱は捨てないで、小物入れに使ったりすることもよくあります。
近年は多くのデザインや、新しいタイプの箱がいろいろ製作されています。

組み立て式タイプ

化粧箱には、組み立て式のタイプのものも製作されています。組み立てされているのは、糊付けがなく、1枚の紙を組み立てていきます。身蓋箱、組箱、タトウ型などが典型的なタイプです。

Read more »

紙の種類

化粧箱に使われる紙は、多くの種類があります。紙は厚紙やダンボール等様々です。厚さも箱によって異なっていきます。また、紙以外でも木箱等で製作されているものもあります。

Read more »

オススメリンク